葬儀の新しいかたち繰り上げ法要について - 文京区で葬儀(家族葬)をする

繰り上げ法要とは?の写真

繰り上げ法要とは?

繰り上げ法要、簡単に言えば、法要の日程を本来行うべき日よりも前倒しにすることです。

しかし、現在では繰り上げ法要の意味で使われることがほとんどで、「法要の初七日を早める」という意味で使われています。また、特に断りのない限り、「法要」という言葉は、法要の初七日目のことを指して使われています。そのため、特に断りのない限り、「法要を繰り上げ」とは、葬儀当日に初七日法要を行うことを意味します。また、法要そのものを指す言葉としても使用します。初七日法要とは、仏教葬儀の法要の一つです。四十九日法要、一周忌法要と同じくらい有名な言葉でもあります。亡くなった方は長い間、旅に出ることになります。亡くなってから最初の六日間は、三河を渡って裁きの場にたどり着きます。生前の王の行いを裁く王が十人いて、最初の王である秦光王、新光王にたどり着くのは七日目だと言われています。この後、7日ごとに審査が行われ、49日目に行き先が決まるそうです。ちなみに、現在では初七日法要でも、繰り上げ法要として火葬当日に行われることが多いですが、宗教心の強い方のために、十四日法要から四十二日法要までを行う場合もあります。しかし、これは極めて稀なケースです。仏教では、受験が終了する初七日と四十九日は特別な日とされているため、この時期に法要が行われます。伝統的には、死後7日目(地域によっては前日が1日)に行われていました。しかし、現在では様々な理由から、葬儀当日に先進的な法要という形で「初七日法要」を行うことが一般的になってきています。

死後七日目に第一回七日忌法要を行うという考えが薄れてきているのには、それなりの理由があります。まず、第一次七日忌法要は、葬儀の時には家族同士で落ち着いて故人の話をすることができなかったため、葬儀後にゆっくりと故人の話をすることができるようにするために行われるようになりました。昔は、自分が生まれた場所と同じ場所で育ち、同じ場所で暮らし、近所の人と結婚して人生を終えたという人も多いのではないでしょうか。しかし、今は場所も働き方も多様化しています。そのため、通夜から葬儀までの間、かなり遠方に住んでいて、通勤の交通費だけで20万円近くかかるので、7日目にまた休むというのは難しいですよね。さすがに、1週間の間に40万円もの交通費を使うのは苦痛だと思うようになった人もいます。四十九日のタイミングが合えば、と考える人も多いのですが、1週間近くで2回もお金を使って学校や仕事を休むというのは、現代人の感性にそぐわないですよね。そんなことを考えて、死後7日目に行われる「初七日法要」は、火葬当日に行われる先進的な儀式に置き換えられました。これは主に本州から九州までの話です。

北海道では、もともとこのような早期法要が一般的でした。これは、北海道が非常に忙しく、厳しい自然環境に恵まれた辺境の地だったからだと考えられています。そのような多忙な人々にとって、月の7日に集まって法要を行うことは、あまりにも負担が大きいと考えられていたのです。

文京区で好評の葬儀社グランドセレモニー