弥左ヱ門の歴史

200年続く弥左ヱ門窯と有田

文化年間(1804年)の初代松本弥左ヱ門が窯を開いてから現在に至るまで、時代の変化に合わせ有田焼の振興に努める松本家の歴史は、有田の発展の歴史そのものです。

松本家の歴史

松本家の歴史

初代松本弥左ヱ門が窯を開いてから現在に至るまでの松本家の歴史と、歴史的建造物で現在も住居と使用している松本家の家屋およびその近隣をご紹介します。

詳細はこちら

有田について

有田について

日本で初めて磁器が焼かれた「日本磁器発祥の地」である有田町は、今も焼物の歴史がいたるところに刻み込まれた歴史的に価値の高い建造物が立ち並んでいます。

詳細はこちら


有田陶芸の歴史

有田陶芸の歴史

有田焼の発祥から、有田焼三大様式『古伊万里』『柿右衛門』『色鍋島』の確立、さらにその後の海外との貿易を背景に誕生した「金欄手様式」や近代工業化までを年代を追ってご紹介します。

詳細はこちら

幕府と有田皿山の陶業

幕府と有田皿山の陶業

江戸時代、鍋島藩の陶工保護政策により、有田の窯業の飛躍的に発展しました。ここでは、当時なされた鍋島藩の政策および技術を中心に、有田焼の発展をご紹介します。

詳細はこちら


系譜別技法分類

系譜別技法分類

有田焼四大様式『古伊万里』『柿右衛門』『色鍋島』『金欄手様式」はそれぞれ時期により特徴があります。年代を追い、各様式の特徴をご紹介します。

詳細はこちら


Pagetop